なんだかFX(FXブログ)TOPへ!

なんだか先生(貧乏サラリーマン)のFXで貧乏脱出奮闘記 日々の勝手な予想など、ドル円を中心に記載しているfxブログです。
2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07
TOPフリーエリア
ランキングサイトに登録してアクセスアップ!!

今すぐ登録!!(全てに登録するとより効果があります)
FC2 ブログランキング マネコミュ ランキング!にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ
人気ブログランキング FXランキング

■これからFXを始める人に・・・。
 夢は大きく希望はでかく明るい未来ねLET‘S FX
 ◇FXを始めるならまず口座を開かないと!!◇
  ・外国為替FX比較FX業者の徹底比較サイト!

        NYダウ(ダウ工業株)
          ナスダック 

 
【ドル円3月6日】
終わり値計算
R2 104.45
R1 103.55
103.06
S1 102.16
S2 101.67
【 日経平均株価 】
(9:00-15:00)
日経平均


SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
13世紀頃のイタリアの数学学者のフィボナッチが見つけた
数字が由来で。
多くの生物の生長パターンが 1.618 と言う比率に関連
しているといわれ、
1950年ごろのロンドンの投資グループが考え出した
『1.618テクニック』が代表されます
そこでこのフィボナッチ数を用いた代表的な
取引法方法がフィボナッチ・リトレースメント
どのような物かと言うと、目標とする価格を推測
する方法の一つで安値や高値からの戻りを計算する方法
です。
非常に計算方法は簡単で、
変動幅を算出

高値-安値=変動幅
トレンドの勢いが強い時   ×38%
トレンドの勢いが弱い時   ×62%
半戻しの場合        ×50%


の数値をそれぞれ計算します、電卓でできるので
非常に簡単と言う事と、コノ数値を利用して
取引をしている人も多いという事なので、非常に参考
になると思いますし、ピボット と併用するとかなり
制度があがりますよ!!
参考ブログ>>簡単計算

スポンサーサイト
最近ちまたでよく耳にする 『ピボット(PIVOT)』 これは何かといいますと
J・W・ワイルダーが考案したテクニカル指標で

前日の高値・安値・終値を用いて、当日サポート(支持)/レジスタンス(抵抗)
の水準を予測するために考えれれた指標の事で
簡単な計算方法は、まず必要となる前日の
『前日高値』『前日安値』『前日終値』の3つの数字を用意します。
参考に>>ひまわり証券

この3つの数字を足して3で割った数字をピポッド(P)と定義し
S(サポート)R(レジスタンス)の数値を算出します。

ではまず (P) の算出として
前日高値+前日安値+前日終値÷3=(P)

次に(S1)サポートラインの1の算出
     P×2-前日高値=      (S1)

次に(R1)レジスタンスライン1の算出
      P×2-前日安値=     (R1)

次に(S2)サポートラインの2の算出
       P-(R1-S1)=     (S2)

次に(R1)レジスタンスライン1の算出
       P+(R1-S1)=      (R2)

となります、非常に簡単ですが意外と参考になる数値です
見方としては簡単で、当日大きな指標の発表やサプライズ
なければ、R1とS1との間でのレンジとなる予測となり
つまり、上下している時は、RやSのあたりで反転する可能性が
高くなると言う事です。
あくまでも指標なので信じすぎても良くないですが、ある程度の
参考になるのではないでしょうか、
まあ、簡単な計算式なので、エクセルで作って自分で計算
してみてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。