なんだかFX(FXブログ)TOPへ!

なんだか先生(貧乏サラリーマン)のFXで貧乏脱出奮闘記 日々の勝手な予想など、ドル円を中心に記載しているfxブログです。
TOPフリーエリア
ランキングサイトに登録してアクセスアップ!!

今すぐ登録!!(全てに登録するとより効果があります)
FC2 ブログランキング マネコミュ ランキング!にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ
人気ブログランキング FXランキング

■これからFXを始める人に・・・。
 夢は大きく希望はでかく明るい未来ねLET‘S FX
 ◇FXを始めるならまず口座を開かないと!!◇
  ・外国為替FX比較FX業者の徹底比較サイト!

        NYダウ(ダウ工業株)
          ナスダック 

 
【ドル円3月6日】
終わり値計算
R2 104.45
R1 103.55
103.06
S1 102.16
S2 101.67
【 日経平均株価 】
(9:00-15:00)
日経平均


SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気がつけば、ドル売りが一気に加速し105円台に突入
するかの下落をしましたね・・・。
ただ日本時間に入り若干戻し気味になってはきていますが
どうなる事か・・・。

市場の期待通り金利の引き下げがあったのですが、
想定外の展開となったのがモノライン(金融保証保険会社)
の格下げ報道!!モノライン株が急落した事を受け
一時プラス200ドルをマークしたNYダウが一転マイナス
圏へ後退する結果となりました。
ちなみにモノラインが格下げになれば複数の大手金融機関の
損失が拡大し、規模は700億ドルとも言われています。

[FOMCの発表がおわりましたね]の続きを読む
スポンサーサイト
市場はかなりの調整に入っているようで、
今週は、なかなか動きが重くなっていますね。

米国景気の先行き不安が非常に大きく、上値が重く
なかなか思い切った上昇が見込めない状況のようです。

そして昨日、NY市場では、米耐久財受注が事前予想を大きく
上回った事で107.20円まで上昇させたものの、
一過性のものか、その日の高値をつけただけでその後
米国の住宅差し押さえ件数が急増という報道を受け
すぐに106.65円まで急落・・・。
そしてさらに、住宅価格が指数が前年比で最大の落ち込み
となったなど、まったくもってまだまだ住宅関連の問題が解決してない
事が露呈した形となったように思います。
明日から始まるFOMCに向けて、利下げ期待を含んでか
やや円安の動きとなっていました・・・。
それにあわせユーロが上昇し終始堅調に動いていましたね。

買いが優勢のユーロドルが1.48台を目指す動きと
なりましたが、なかなか突き抜ける事ができず、
現在1.4768ドルとなっています。

米価株価も反発し、プラス176.72ドルで終わり日経平均も
昨日のマイナスを取り返すべく、プラス292.15円
なっていますが、どうもドル円の上値が重く107円の壁が
相当分厚いようで、なかなか上には抜けれないようですね。
さて本日は特別大きな指標はなく、株価とにらめっこ
しながらの取引かと思いますが。
先週のFOMC緊急利下げにより回復した株式市場
そしてドルの価値ですが、いったいどこまでこの
影響を持続する事ができるのか?
はたまた新たな施策があるのか??

本日の株価が気になるところですね
まあ、注目は30日の米国GDPとFOMCの政策金利
これに向けて為替がどのように調整されるかが気になります

FXランキングでは、FXブログやサイトを
運営している方を募集していますよ!!
3月までの3ヶ月間アクセス数が10位以内だった
サイト運営者に総額30万円の賞金がプレゼント!!
この一週間の政府の損出は108兆円??すでに
理解を超える金額になっていますね。
されには食品から家庭用品異かけても値上げ続出
あまり喜ばしい事のない一週間でしたね。

先週の動きの
初値  106.81円
終値  106.72円

最高値 107.87円
最安値 104.97円

一週間で約3円の幅で動いたものの結局9銭安
と言った動きとなっています。

ブッシュ大統領の景気刺激策から一週間で議会とのスピード
合意が好反応を見せ、ドル円は107円台に回復しています。

株価が堅調に推移したことで、クロス円が全体的に伸びています
現状ドル円は108円台へ入るのが難しい感じのようにみえますが
いったいどうなるのでしょうか。

ただ気になるのはドルとユーロのバランス・・・・。
今週最後の取引となる金曜日、目だった指標発表が
無いのが残念ですが
ドル円が107円台に回復する事となりましたね
しいていえば、21:00にカナダの指標発表が続くので
その影響は十分注意したいですね。

一つの要因としては、ブッシュ大統領の景気刺激策が
市場の反応としては物足りなさが残る問い報道が相次いで
いましたが、議会と合意に達した事がいったん好感材料に
なっているということのようですが、
市場はNYダウの伸び悩みが気になっているようでドル円の
上値が重いようです。

昨日104円台に若干突入する動きを見せたドル円ですが
現在日経平均株価が前日に対しプラすとなり、
13000円台を回復しでいます。
結果ドル円は現在106円台半ばで推移しています。

ここまでの流れとして、米国はブッシュ大統領の
景気刺激策の発表があり、さらにFOMCの緊急利下げを
行うなど、何とか米国経済の回復を試みているようですが、
市場は素直に反応していないようで
上値が重い状況は続いているようですね。

さてさて大きく為替が変動しています、
あれだけドルに対して強かったユーロですが
ユーロドル1.4400ドル前半まで下落とものすごい下げ幅を
見せています。

日経平均株価も12,000円台に入り金融市場は大荒れな
展開をみせいていますね。
ただ午前の取引がマイナス587.63円安と言う、とんでもない
下げ幅を見せた割にはドル円動かず今だ一時105円台半ばまで
下落したにもかかわらず現在106円半ばまで回復してきています。
今日は寒いさすが大寒~私の住んでいる奈良でも、
今年初めての本格的な雪となり、車の上などには
うっすらと雪が積もりました。

さてそんな寒い気温と同じく、株価も寒い事になっています
先週末ブッシュ大統領が発表した景気刺激策ですが、
虚しくも好結果とはならず、むしろ『ものたりない』と言った
意見が多く、所謂『空振り』といったところになってしまった
ようです。
ただ本日は米金融市場が休業のため、どうなるか気になる
ところですね。
NYダウは、3日連続の下落となりその下げ幅は618ドル
に達し、この現状をうけ、間違いなく分かる事は
米経済の先行きが不透明な事ぐらいで、なかなか下げ止まり
の切っ掛けをつかめる事ができないようですね。

さらに、この米国の株安を受けて、18日の日経平均株価も下落し
最大400円を越える動きを見せた、されに不安が高まりましたが
なんとか最終の終値はプラスで終わる事ができましたが、
このままドル安が続くことで、これまで日本経済を大きく支えてきた、
自動車等の輸出関連企業の業績に悪影響を与えかねない・・・
そういった不安が広がっているようで米国経済が日本の経済に対し
直接悪い影響を与える不安感が一向に落ち着きませんね。

本日お昼を過ぎて、+200円越えをつけていたドル円が
一時マイナス圏へ下落したことで、ドル円も円高に動き
107円台を割り込みましたが、現状107.80円を
目指しての動きとなっていますね。

そして日経平均の終値は前日から+278.49円となって
います。
まあ、言っても昨日が今年に入って最大の下げ幅を見せての
反発なので全く油断できませんが、
現在ロンドン時間に入ってドル円は堅調に動いています。
どうやら世界的に金融市場はよろしくないようですね、
これまでの流れで米国金融市場の不安からドル売りが
先行し、昨日はとうとう一時的に105円台に突入する
動きとなりながらも、現在は106.99円となっていますね。

いやいやしかし、米国の金融機関のシティーバンクや大手証券会社
メリルリンチなど数ある米国の大手金融関連が相次いで赤字を
拡大・・・・おかげで株式市場は大混乱・・・。
ここ最近グット人気を高めてきたFX
(外国為替証拠金取引)ですが、まだまだ
分からないな~や、チョット怖いな~。
でもなんだかやってみたいな~って言う人のために
有名FXブロガーと一緒にFXを学んでいくサイト
がOPENしました⇒教えてFXマスター

 そして今回、教えてFXマスター
ではクイズに答えて素敵なプレゼントがもらえる
素敵な商品が当たるFX検定実施中
なのです・・・・・・。
昨日の注目指標である、ECB・BOEの政策金利は共に
予想通りの据え置き
となり、動きは限定的となりましたね。

その後のECB総裁トリシェの会見としては
やはり中心となる内容は、インフレリスクについて、
ECBとしては、様々な予防措置を考えていると言う事で
様々な問題に最新の注意を払っている・・・。
特に動向の注意が必要な店は賃金と言うことなので、
消費者物価指数等は注意しないといけないかもしれませんね。


とはいっても、ユーロは成長減退より、インフレに対しての
問題を多く取り上げているので、経済成長は確実に進んでいる
と言うことで、市場のユーロ人気は着実に進んでいるよう・・?

さて、一方の米国ですが
さて、昨日の午後も予想どおり、109.50円を
大きく抜け、110円台に突入する事になりましたね、

米国としては何とか景気回復にむけて様々な政策を
うたないと、という事で、景気刺激策として
所得税や法人税の減額を検討しているとの報道も
あり、何とか市場回復をめざして、躍起になっている
ようですね。

市場のながれとしては、
109.80円付近に売り
109.00円付近に買いのサポートがあるようで
上値も下値も重たい状況が続いていますね。


さてさて、日経平均がプラスに入りドル円もつられるように
上昇!!予想通り109.70円まで上昇し反転・・・。
現在ヨーロッパ時間に入りこれまでのプラスを吐き出すように
下落に転じています・・・・。
果たしてこの後どう動くのか??

さて昨日は予想の範囲内と言った感じの上値と下値
と言った感じでした、
夜に向けてグット上昇し、最高値109.81円をマークし
流れの要因としては、英住宅指標が予想外の好結果と言う
ことで、ポンド買いが入り、米株式市場の出だしもプラス圏
を推移していることでドル円・クロス円が上昇したようですね。

そしてアメリカ時間に入りポールソン米財務長官 
のインタービューが相次ぎ、『住宅市場の減速が最大のリスク』
と言った発言があり。
『住宅市場が改善している証拠はない。
 住宅市場の減速は私の予想以上のものだった。
 住宅市場の減速が最大のリスク。
 住宅市場の減速、これまでのところ、米経済全体には波及せず。』


さて、昨日もユーロ圏の指標発表を前に全てのポジションを
解消、発表直後に昨日の最高値109.70円をマーク
しましたが、昨日19:00のユーロ圏の指標発表が市場予想と
一致したこともあり、予想通り動きが明確になり、ドル安からの
調整も一巡と言った感じで、再度108円台まで下落、
その後109円前半で今もなおもみ合っていると言った感じですね。

ヨーロッパ時間に入り、米雇用統計悪化によるドル円の下落分を
取り戻す勢いで、ドル買いに流れましたね。
やはり雇用統計の結果に関する懸念は早期に解決とは言えませんが
若干解消されたのか、ドル買いの動きを見せ上昇トレンドとなりました。
このまま予想通り109.50円付近を目標に突き抜けるか反転するか
がこの先の動きですかね・・!!
とは言いつつも、いったんポジション決済をしたいと思います。

おそらく今日から何処の会社も本格的に営業が開始される
ことでしょう・・・・。
さてさてここまでの流れとして、株安リスク回避の流れが強く
円買いが強いスタートでしたが、その流れも一服したようですね。
また、100ドルの大台に乗った原油も現在97.91となって
いますが、この下落も利益確定による下落なんで、まだまだ
予断の許さぬところではないでしょうか。

2008年を向かえ、早くも5日がたちました
このお正月中はかなり市場が動いたようで、
気がつけば一時107円台に突入すると言う結果となり、
で、現在は108円台半ばで上下していますね・・・。

さて、今回ドル円が大きく下げる第一歩目となったのが、
米国11月度の新築住宅販売件数で、当初の予想を大幅に下回る
結果となり、水準としては1995年4月の数字に次ぐ水準となり
欧州通貨やドル円を中心にドル売りが加速し113円台を割り込み
ここにきてまた、米住宅市場の懸念感がまともに影響しました・・・。

その後、発表があった、
『IMF 世界準備通貨でドルの占有率が統計史上最低の63.8%に低下』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。