なんだかFX(FXブログ)TOPへ!

なんだか先生(貧乏サラリーマン)のFXで貧乏脱出奮闘記 日々の勝手な予想など、ドル円を中心に記載しているfxブログです。
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近ちまたでよく耳にする 『ピボット(PIVOT)』 これは何かといいますと
J・W・ワイルダーが考案したテクニカル指標で

前日の高値・安値・終値を用いて、当日サポート(支持)/レジスタンス(抵抗)
の水準を予測するために考えれれた指標の事で
簡単な計算方法は、まず必要となる前日の
『前日高値』『前日安値』『前日終値』の3つの数字を用意します。
参考に>>ひまわり証券

この3つの数字を足して3で割った数字をピポッド(P)と定義し
S(サポート)R(レジスタンス)の数値を算出します。

ではまず (P) の算出として
前日高値+前日安値+前日終値÷3=(P)

次に(S1)サポートラインの1の算出
     P×2-前日高値=      (S1)

次に(R1)レジスタンスライン1の算出
      P×2-前日安値=     (R1)

次に(S2)サポートラインの2の算出
       P-(R1-S1)=     (S2)

次に(R1)レジスタンスライン1の算出
       P+(R1-S1)=      (R2)

となります、非常に簡単ですが意外と参考になる数値です
見方としては簡単で、当日大きな指標の発表やサプライズ
なければ、R1とS1との間でのレンジとなる予測となり
つまり、上下している時は、RやSのあたりで反転する可能性が
高くなると言う事です。
あくまでも指標なので信じすぎても良くないですが、ある程度の
参考になるのではないでしょうか、
まあ、簡単な計算式なので、エクセルで作って自分で計算
してみてください。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。