なんだかFX(FXブログ)TOPへ!

なんだか先生(貧乏サラリーマン)のFXで貧乏脱出奮闘記 日々の勝手な予想など、ドル円を中心に記載しているfxブログです。
2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週の全体的な動きですが
金融機関に大きな損失が目立ち、それに伴い
株価の動きが非常に不安定となり、それにつられた為替も
上下上下を繰り返しながら、ドル円は2006年5月依頼の
109円台突入
となり、なかなか激しい一週間でした。

ちなみにユーロ円は終始高い位置での上下となり
さらには日経平均株価も2006年7月以来の15000円
われ
となりました・・・。

なんとも、今週の為替は金融関連の株価と、原油価格、
そして米国の経済成長状況に大きく左右された一週間でした。

まあ、そうは言いつつも知識は常に蓄えるべきで
ここで初心者のかたに注意すべきポイントが
為替のニュースに頻繁に出てくる「クロス円」・・
いったい何??ってことないですか???
本日はこれについてお話をしたいと思います・・・・。

実は為替の世界ではドルが基準でレートが決まっているのです。
つまり、レートのどちらかにドルが入る計算が基本となっているので
日本円に対してドルは直接レートを決定することができるのですが
、ユーロや英ポンドなどドルが絡まない組み合わせの場合は、独特の
(クロス)させる計算方法が必要となります。
たとえば ユーロ/円の場合・・・・。

「ユーロ/ドル」と「ドル/円」の2つのレートを掛け算して算出
しています。
なのでユーロ/ドルが1.4600でドル円が111・00円の場合
1.4600×111.00=162.06(ユーロ/円)となります。
なのでドルがユーロに対して弱くなるとユーロ円では、ユーロ高に動く
と言うことになります。
そういった計算方法があるので(クロス円)と呼ぶんですね!!!

ここは十分注意しておいてくさいね。
そういった意味ではまだまだドルと言うものは世界の経済の中心になる
ので、ヨーロッパの要人も時としてドルを守るような発言をしないとい
けないのでしょうね、ただヨーロッパとしては面白くないのか・・・
難しいところですね。



さあ、G20の結果がどうなるかが楽しみですが、私は
週明けのユーロドルに注目をしたいと思います。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。