なんだかFX(FXブログ)TOPへ!

なんだか先生(貧乏サラリーマン)のFXで貧乏脱出奮闘記 日々の勝手な予想など、ドル円を中心に記載しているfxブログです。
2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年を向かえ、早くも5日がたちました
このお正月中はかなり市場が動いたようで、
気がつけば一時107円台に突入すると言う結果となり、
で、現在は108円台半ばで上下していますね・・・。

さて、今回ドル円が大きく下げる第一歩目となったのが、
米国11月度の新築住宅販売件数で、当初の予想を大幅に下回る
結果となり、水準としては1995年4月の数字に次ぐ水準となり
欧州通貨やドル円を中心にドル売りが加速し113円台を割り込み
ここにきてまた、米住宅市場の懸念感がまともに影響しました・・・。

その後、発表があった、
『IMF 世界準備通貨でドルの占有率が統計史上最低の63.8%に低下』
と言う結果がで統計調査依頼の最低値を記録。
一方のユーロは25.5から26.4%へ拡大し、
現実的にユーロの強さが目立つ結果になってきました。

そして29日、いったん米新築住宅販売件数の発表後下落したドル円も
113円台に回復し一時はもみ合っていましたが、その後の米株価が
軟調な動きを見せた事で再度112円台に突入


そして年内最後の31日の取引ですが
日本、中国、韓国、フィリピン、タイ、ドイツは「大晦日」で休場
と言う状況のなか、やはり米株価・米住宅に対する懸念感が強いのか
111円台に突入し2007年は111円台で終わりをつげ
去年の最後はドルの弱さ、米国市場の混乱が収まらずサブプライム
関連の問題が解決しないまま終わりました・・・。

そして年が明け1月2日・・・。
111円台でもみ合うドル円を尻目に金・原油が高騰!!
原油価格が高値を更新し続け1バレル100ドル
に迫る中、
1月3日、年が明けてもNY金融市場の不安感がぬぐいきれず
111円を割り込む勢いで下落・・・・・。
大きな要因としては
『米銀大手のナショナルシティーが四半期配当を49%削減し、
従業員900人の追加削減発すると発表・・・』

やはり金融不安は全く解消できていないようですね。

そしてその後の新規受注や、生産が大幅に落ち込んだ事を背景に
ISM製造業景況指数が47.7に低下したことでとうとう110円台に
突入・・・。

そしてとうとう1バレル=100ドルに到達と言うにニュースが流れ込んでき
米株価も下落に転じたことでドル円が109円台に突入する結果となりました。

はたしてどこまで下落するのか、市場では利下げ観測が強まっていることで
直近として、ドルの上値が重い事は間違いないと思いますね。

そして1月4日東京市場が開け 終わり値616.37安とまったくご祝儀的な
買いがあるわけでもなく日経平均15,000円割れと言う結果となり
大発会としては7年ぶりの下落となりまました。
そして米国雇用統計悪化を切っ掛けに一時107円台に突入する形となりました。

<12月29日から1月4日までのドル円の動き(クリックすると拡大します)>
ドル円1229


いやはた年明けからかなり激しい動きを見せるドル円ですが今後いったいどう
なってしまうのか検討がつかないですね。

一説によると今年2月頃でサブプライム関連の問題が、ある程度けりがつくなんて
話があり、バブル崩壊後の日本のように銀行の貸し渋りなんて事は起きないなんて
話もありますが・・・金融市場が混乱している事は間違いない。
ただ今回の問題で投資家に大きな被害があるということなので、投資家が慎重に
ならざるえない事でよっぽど特別なことが無い限り、ドルが一気に盛り返す事は難しい
でしょうね。
なんたって米国の市場不安が大きな要因ですから
とは言うものの投資家の資源への投資が強まってるのも困ったもので、
それが結局として消費に悪影響を与えているので、目先の投資先というより
次の投資先がどこになるのでしょうかね?????
あ~~全く分からんですね・・・

と言うことで今年も一年よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。