なんだかFX(FXブログ)TOPへ!

なんだか先生(貧乏サラリーマン)のFXで貧乏脱出奮闘記 日々の勝手な予想など、ドル円を中心に記載しているfxブログです。
2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうやら世界的に金融市場はよろしくないようですね、
これまでの流れで米国金融市場の不安からドル売りが
先行し、昨日はとうとう一時的に105円台に突入する
動きとなりながらも、現在は106.99円となっていますね。

いやいやしかし、米国の金融機関のシティーバンクや大手証券会社
メリルリンチなど数ある米国の大手金融関連が相次いで赤字を
拡大・・・・おかげで株式市場は大混乱・・・。
その影響を受け、日経平均も大きく下落し、12000円を目前
とし、はたしてどうなってしますのか。

株式の価格は一説によると、現状の経営状況と直接リンクしている
わけではなく、どちらかと言うと、先行指数的な動き表すため、
例えば、トヨタ株を見ると、今年度の売り上げが25兆円に達すると言う
ニュースも出ているにもかかわらず、株式市場では下落と言った感じに
なっています・・もし先行指数として、リンクしているなら、経済成長
一気に鈍くなるのでしょうか???

そして昨日の注目の動きは
メルシュ・ルクセンブルク中銀総裁がブルンバーグ通信に、
「成長リスクは増大しており、2008年の成長見通しを下方修正する
可能性を述べた」と伝わったことで、ユーロ売りが強まり
1.4800台から1.4600台まで急激に下落・・・

なぜこんなときにと言った感じですが何かの策略があるのか
異常なユーロ高に懸念を抱いているのか、
僕的にはあまりすっきりしない発言となっています。

さて本日の重要発言やイベントですが

18:00 ECB月報 

22:00 ギーブBOE副総裁 講演

22:15 ピアナルト・クリーブランド連銀総裁 講演
        「米経済見通しについて」(クリーブランド)

23:00 トリシェECB総裁 講演
        「経済、企業価値」について(フランクフルト)

23:00 アルムニア欧州委員 講演(フランクフルト)


となっています。

注目はECB月報とトリシェECB総裁の講演やその発言・・・・
メルシュ・ルクセンブルク中銀総裁の発言によるユーロ売りに対して
どのような思いや発言があるのか注目したいですね。


後は本日の23:00からの米国の指標発表
新規失業保険申請件数・住宅着工件数-12月・建設許可件数-12月

には十分注意したいですね。

<さて本日のドル円ですが>
107.00円付近に大きな壁があり、これを切ると再度105円台を目指す
事になるのではなんて思いながらも、2時間足で107.80円
を上回り移動平均線が上向きにかれば、下落も一段落し、少し安心感が出てくる
ように思います・・・。

なんだかの独り言「今日はユーロ円でも注目しましょう・・。」
さて本日も頑張りましょう!


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。